オフィスコーヒーにも色々な形態があり、それを私たちは何も気が付かずに利用している事があるかも知れません。

他のオフィスコーヒーがどのようになっているのかがあまり分からない為に、自社で用意されているタイプが全てであると考えている方もいらっしゃると思います。

他の企業が利用しているオフィスコーヒーと自社のものとを比較して違う点は、まずコーヒーをどのようにドリップしているのかという点にあります。
一般的なドリッパーもあれば、かなり温度調節や保温状態に気を配っているような装置も見当たります。それによって、出来上がりの美味しさもさることながら、出来上がったコーヒーの品質を長く保ちながら保存できるのかどうかにも掛かってくると思われます。

このように、ドリッパーだけでも色々な違いがあると思いますが、その他にも砂糖やミルクをどのように出来上がったコーヒーに混ぜていくのかという事も比較できる対象となっています。

エスプレッソマシンに関する詳細はこちらです。

あるオフィスであれば、砂糖やミルクが1回分ずつ決められた量として分けられている場合もあります。

これは、砂糖やミルクが何かの容器に1回分だけ入れられている場合が該当します。


しかし、オフィスによっては砂糖もミルクも自分の好きな分だけ入れ放題になっているようなケースもあるでしょう。

コーヒーマシンが広く知れ渡ってきました。

そうしますと、甘い物が好きな方は、砂糖もミルクも多めに入れて飲む事となります。

真剣にオフィスコーヒーのクチコミ情報を求めています。

このように、実はオフィスで飲めるコーヒーには会社によってこのような違いもあります。