弁護士にも活用される電話代行サービス

img-1

電話代行サービスは、依頼者の代わりに電話の応対をしてくれるサービスです。
どの程度の対応をしてくれるかはサービスの内容によって異なります。


完全に秘書のように、依頼者の提供するサービスについて応対をするところもあれば、電話番をするだけといったサービスもあります。



大手企業がコールセンターを利用する形態は、前者の方が多いです。一方、個人事業主が利用する場合は後者の方が多いです。

電話代行は、弁護士にも活用されています。

特に、自分一人で事務所を回しているという弁護士に電話代行サービスは使われています。

それをターゲットにした、始業専門の電話代行サービスもあります。

弁護士に活用される理由は、日中事務所を離れる必要があることが結構多いからです。
裁判所に行ったり、交渉をするために現場に赴いたりといった機械が多くなっています。

そのため、一人で事務所を経営している方の場合、不在時にきた連絡を受けることができなくなってしまいます。
電話は裁判所からくることもありますし、クライアントからくることもあります。そして、それは重要で緊急性を用するものもあります。そこで、電話代行が役に立ちます。



急ぎの用事でなければ、伝言を聞いてあとで伝えてもらうことができますし、緊急性を要する場合は、弁護士の携帯電話に連絡をしてくれます。事務員を雇うには人件費がかかりますが、このようなサービスはそれよりはるかにコストがかかりません。

エキサイトニュース情報はこちらです。

そのため、よく利用されています。


関連リンク

img-2
電話代行業者が提供するサービス

電話代行業者は、昔からある業態であり、業者と契約した企業などの代わりに、企業の顧客や取引先からの問い合わせに対応して、その問い合わせ内容を契約企業に伝えるといった事が主な業務内容になっています。サービスとして提供されるのは、コールセンターで受け取った電話の転送ですが、業者によっては私設私書箱を兼業している事もあります。...

more
img-2
電話代行サービスで業務の効率化を図る

業務にはいろいろな雑務が生じてきます。担当を振り分けてもその通りにいかないことも多く、本来の仕事とは違うことも行わなくては会社は回りません。...

more
top